注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

K's FanClub

SK一人語り

 
 
 

日志

 
 

!爱满「地球」!v!  

2007-07-24 01:45:26|  分类: Anime info |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

恭喜自己16话观毕!(还是raw最美!)->我想没人看我也就不透什么剧了,只想说= =官配为什么又增多了?= =

然后我开始做一件很无聊的事...至于翻译嘛- -b人家还要上课的所以罢了吧~XD

(谜:请不要在深更半夜贴这种东西...就算心中有 V 也是一样/某:人家也很累很困的好不好>3<)

口口口口口口口口口口不是乱码啦人家叫分割线口口口口口口口口口口

section01 : 目覚めの日

ジョミー・マーキス・シンは近頃、同じ夢を何度も見ていた。美しい少女や少年、そしてミュウという言葉が決まって出てくるのだ。友人たちは彼の「目覚めの日」が近いせいではないかと言う。「目覚めの日」とは両親のもとを出て行き成人検査を受け、そして大人への一歩を踏み出す14歳の誕生日のことだ。そして当日、ジョミーは子供のころに行った遊園地へと足をのばす。自分の運命が大きく動くことを知らずに……。

脚本:西園 悟 絵コンテ:ヤマサキオサム 演出:清水 聡 作画監督:波風立流

--CASTコメント 斎賀みつきさん --

大好きだった「地球へ・・・」に参加できたことがとにかく嬉しくて、第1回目のアフレコを本当に楽しみにしていました。

一話目ということもあって、手探りの部分もありましたが、スッとジョミーとして「地球へ・・・」の世界に入り込むことができた感じです。

見てくれた皆様、いかがでしたでしょうか?これから役半年間、頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します。 

______________________________________________

section02 : ミュウの船

不適格者の烙印を押され保安隊に包囲されたジョミー。彼を救ったのはリオと名乗るミュウの青年だった。アタラクシアを離れ、ミュウの母船に導かれたジョミーを迎え入れたのは、人類の迫害を逃れた多くのミュウたちだった。

脚本:面出 明美 絵コンテ:つるやまおさむ 演出:柳瀬 雄之 作画監督:高乗 陽子

--CASTコメント 小林沙苗さん --

ジョミーはミュウ達から冷たい態度をとられ、状況を受け入れられずに戸惑っていて、そんな彼をフィシスはとても心配しています。2話で初めて会話をするシーンでは、その不安と少しでも和らげるように優しさを意識して演じました。

______________________________________________

section03 : アタラクシア

ソルジャーブルーの許しを得てアタラクシアに戻ったジョミー。帰宅した彼を待っていたのは、両親の居なくなった真っ暗な我が家であった。帰る場所を失い、途方にくれるジョミーの姿をユニバーサルの監視カメラが捕らえる時、運命の輪が再び動き始める。

脚本:面出 明美 絵コンテ:つるやまおさむ 演出:小林 浩輔 作画監督:渡辺 伸弘

--CASTコメント 小杉十郎太さん --

今回ジョミーはアタラクシアへ戻るのですが、そこにはお父さんもお母さんもいなくて・・・・・・。ジョミーは船に乗るしかないと決意するわけです。そして船の中で色々なドラマが繰り広げられます。私もキャプテンとしてしっかりとジョミーを見守っていきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。

______________________________________________

section04 : 宙からの帰還

ミュウの力に目覚め、成層圏へ向かって飛び続けるジョミー。彼を護ろうと雲海の底から浮上するミュウの母船シャングリラ。ユニバーサルとの激しい戦闘の中。単身、ジョミー救出に向かったブルーは残された命を掛けて、自らの記憶と想いを伝えるのだった。

脚本:堺 三保  絵コンテ:吉田 英俊  演出:高山 秀樹 作画監督:中野 りょうこ

--CASTコメント 杉田智和さん --

決起する力。そして、転ずる運命。蒼き志士達の今後は、一体どうなるのか。見守りましょう。

______________________________________________

section05 : 死の跳躍

ミュウの母船の存在を知ったテラズナンバー5は、サイオン・トレーサーの開発を命じた。次々と惑星全域に投下されるサイオン・トレーサー。ミュウ因子を持った少年とジョミーが出会う時、シャングリラは決死の惑星脱出を試みる。

脚本:面出 明美/山崎 理  絵コンテ:つるやまおさむ  演出:星野 真 作画監督:滝川和男/渡辺 伸弘

--CASTコメント 斎賀みつきさん --

ジョミーはミュウの仲間として生活を始めました、でもまだ仲間たちとの関係はぎくしゃくしていて、たくさんの批判の思念を受けていますが、その状況の中で彼なりに葛藤し、少しずつではありますが、 成長をしていっています。まだまだこの先、様々な試練がジョミーを待ち構えていますが、共に乗り越えていけるように頑張ります。楽しみにしていて下さい!

______________________________________________

section06 : ステーション E-1077

エリート育成を目的とした教育ステーションE-1077。そのステーションにキース・アニアンは居た。新入生を乗せた宇宙船が事故を起こし、館内の通信機能が麻痺する中、キースは独断で新入生の救助に向かうのだった。

脚本:面出 明美/山崎 理  絵コンテ:つるやまおさむ  演出:清水 聡 作画監督:波風立流

--CASTコメント 子安武人さん --

今日は緊張しました。・・・・・・僕もまだまだ緊張したりするんだなぁと、そんな自分の可愛い一面とヘタレな一面を愛しく感じました(笑)。今後のキースの活躍にご期待ください。

______________________________________________

section07 : 反逆のシロエ

成長し、メンバーズ候補生となったキース、サム、スウェナ。最終学年生となった彼らの前にセキ・レイ・シロエが新入生として現れる。学年トップの成績を修めながら、反体制的な言動をとるシロエ。彼の感情がキースに向けられる時、鋼の心が震えだす。

脚本:根元 歳三  絵コンテ:羽多野 浩平  演出:小林 浩輔 作画監督:宮前 真一

--CASTコメント 井上麻里奈さん --

今回は、いよいよシロエ君が成長して登場します。この役は嫌味な台詞が多いんです。普段はこんなにたくさん嫌味を言う機会がないので、個人的にはすごく楽しんで演じています。子安さん演じるキースとシロエが今後どう展開していくのか、お楽しみに!

______________________________________________

section08 : 震える心

思わずシロエに手を上げてしまったキース。初めて感じる、その抑えようのない感情に困惑する彼をマザー・イライザは順調な成長と判断する。虚空の宇宙(そら)からミュウのメッセージが届く時、キースは何を感じるのか?

脚本:根元 歳三  絵コンテ:吉田 英俊  演出:佐々木 勝利 作画監督:須田 正巳

--CASTコメント 羽多野渉さん --

メンバーズになるためにまっすぐ成長したサムは、その純粋さゆえに様々な思いをめぐらします。今回は何度もキースに声を荒げてしまいました(笑)。サムは心の底から他人を思いやることができる、この作品の中で一番人間くさいキャラクターで、僕の理想の人間像にとても近いんです。

______________________________________________

section09 : 届かぬ思い

瀕死のシロエをかくまったキース。だが、そんな彼の行動をあざ笑うように現体制への憎悪を独白するシロエ。ミュウの思念波によってステーションの機能が止まる時、2人の思いが闇の中に交差する。

脚本:根元 歳三  絵コンテ:柳瀬 雄之  演出:柳瀬 雄之 作画監督:高乗 陽子

--CASTコメント 子安武人さん --

シロエの挑戦的な奔放さに振り回されながらも、キースの中には人間としての様々な感情が溢れてきます。シロエも最後の最後まで、自分の想いをキースにぶつけました。しかしキースにはマザーの命令に従う以外の選択肢はありません。今回はキースの切ない想いが見所のとても悲しいストーリーでした。

______________________________________________

section10 : 逃れの星

アタラクシアを脱出して13年。ミュウたちの苦悩の旅は続いていた。地球を目指し、人類との共存を模索する戦いは彼らの身も心も疲弊させていた。タロットが運命の星を指し示した時、ミュウたちの心はその星に引き寄せられていく。

脚本:出渕 裕  絵コンテ:つるやまおさむ 演出:高山 秀樹 作画監督:中野 りょうこ

--CASTコメント 小杉十郎太さん --

ハーレイはマメに日記をつけているんだなと思いました(笑)。彼は常に冷静ですが、戦いの中では皆と同じように疲れもするし、不安や戸惑いもたくさんあります。しかしキャプテンとして皆をリードするため、自分の思いを自分の中だけに留めて、ただひたすらに目標へと向かっていきます。今回ハーレイのことがさらに理解できた気がしています。

______________________________________________

section11 : ナスカの子

ジルベスター星系、第7惑星(ナスカ)。降り立ったミュウたちを優しく迎え入れたその星の空はラベンダー色に輝いていた。平穏な日々が微かな希望に変わろうとしていた時、星に近づく一隻の船影があった。

脚本:大野木 寛  絵コンテ:つるやまおさむ 演出:江島泰男 作画監督:平山 英嗣

--CASTコメント 斎賀みつきさん --

自然出産というミュウの新たな挑戦で、カリナが無事トォニイを生んでくれました。しかしその喜びも束の間、ジョミーはサムとの悲しい再会をするのです。信頼していた大切な絆の糸がまたプツリと切れてしまいました。この後ジョミーがどう自分の気持ちに整理をつけ新たに前を向いて進んで行くかということが、見所になってきます。皆に支えられてジョミーは頑張っていきます。応援よろしくお願いします。

______________________________________________

section12 : 孤独なるミュウ

大地と共に生きる喜びが、地球への思いを薄れさせる中、ミュウたちの間に世代間の亀裂が広がっていく。世代の狭間で苦悩するジョミー。同じころキースは辺境に潜んでいた一人のミュウと出会う。

脚本:佐藤 大  絵コンテ:藤原 良二 演出:清水聡 作画監督:波風立流

--CASTコメント 高城元気さん --

マツカはとにかく逃げ腰なんです。でも弱い役って実は得意なので、自然に演じてしまう自分が悲しかったりもしました(笑)。マツカ同様、僕もキースが大好きです。彼は冷酷なようで内面に優しさと繊細さを秘めている。そんなところに魅かれました。これからキースにくっついて一生懸命やっていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

______________________________________________

section13 : 星に潜むもの

マツカを伴いジルベスター星系へ向かうキース。彼の接近はジョミーに新たな火種となって降りかかる。撃墜され、拿捕されるキース。「少佐は生きている」その確信に似た思いがマツカを突き動かす時、ミュウたちの未来に深い影が落とされてゆく。

脚本:大野木 寛  絵コンテ:金崎貴臣 演出:星野 真 作画監督:渡辺伸弘/大泉影道

--CASTコメント 小林沙苗さん --

フィシスの台詞がたくさんあったので嬉しかったですね。(笑)。ミュウたちは、ナスカの地に降りました。そして今回ミュウであるジョミーと 人間のキースが初めて出会い、物語が大きく展開しました。 フィシスが今後キースとどのように関わっていくのか、ご期待ください。

______________________________________________

section14 : 同じ記憶

囚われの身と成ったキース。ミュウたちは彼からテラの情報を聞き出そうと心理探査を試みる。フィシスの中に広がる彼への焦がれるような思い。2人の記憶が闇の中に交差する時、ターフル上のタロットが運命の胎動を指し示す。

脚本:根元 歳三  絵コンテ:吉田りさ子/つるやまおさむ 演出:吉田りさ子/つるやまおさむ 

作画監督:明珍 宇作/齊藤 百/新井 伸浩

--CASTコメント 喜多村英梨さん --

トオニィの幼少時代をやらせてもらいました。3歳の男の子ということで、 あくまでも普通の子供らしく自分の感情をストレートに表現するよう心がけました。 私自身はすごく緊張しましたが、トオニィとしては延び延びと自由に演じることができました。今後ともよろしくお願いします。

--CASTコメント 杉山紀彰さん --

キャストの皆様から“ツンデレ”キャラと言われているトオニィです(笑)。 とても個性的なキャラクターを演じることができて、光栄に思います。 同時にプレッシャーも感じています。昔ながらの原作ファンの方々、そしてこのアニメーションで初めて「地球へ…」に触れる方々、両方に喜んで頂けるトォニィを演じていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

______________________________________________

section15 : 変動の予兆

キースの反撃で仮死状態に陥ったトォニィ。

フィシスと共に彼を人質に取ったキースはシャングリラからの脱出を試みる。 トォニィの異変を察知し、錯乱状態に陥ったカリナがサイオンバーストを引き起こす中、目覚めたブルーと地表に降りたジョミーは彼らを救うことが出来るのか?

脚本:森田 繁  絵コンテ:南 康宏 演出:小林 浩輔 作画監督:宮前 真一

--CASTコメント 杉田智和さん --

「目覚める」という事には必然性がありそうです。

命を燃やす者の勇姿を、今後もお見逃しなく。

______________________________________________

section16 : 赤い瞳 蒼い星

国家騎士団の総力を挙げたミュウ殲滅作戦が動き始めた。 速やかなナスカからの脱出を支持するジョミーの前に立ちはだかる、若者たちとの危機意識の溝。そして、次々に謎の眠りに落ちてゆくナスカの子供たち。 惑星破壊兵器、メギドシステムの照準がナスカを捉えた時、ジョミーはそしてブルーはどう仲間たちを導くのか?

脚本:佐藤 大  絵コンテ:高山 秀樹 演出:高山 秀樹 作画監督:中野 りょうこ/ 早乙女 啓

--CASTコメント 子安武人さん --

キースの話というよりは今回はブルーとフィシスの話だったので、僕がコメントするのは、ちょっと気が引けるんですが(笑)。今回はブルーとフィシスの過去のエピソードが展開されています。そこを是非とも観て頂けると、より深く色々な事が解ってもらえるんじゃないかなと思います。

______________________________________________

section17 : 永遠と陽炎と

メギドの火がナスカを襲う。その時、目覚める7人のナスカチルドレン。地獄の業火を退けたブルーとジョミーの前に、驚くべき能力を秘めたタイプブルーのミュウたちが姿を現す。キースの指示で、メギドの第二波攻撃が準備される中、ミュウたちのナスカからの非難脱出は間に合うのか?

そして、ブルー最後の戦いが…。

脚本:佐藤 大  絵コンテ:高田 淳 演出:柳瀬雄之 作画監督:高乗陽子

  评论这张
 
阅读(61)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017