注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

K's FanClub

SK一人語り

 
 
 

日志

 
 

(原物整理)斎賀みつき歌词整理

2006-08-28 10:31:12|  分类: 声優さん相関 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

写在前面的话

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$ 

专辑歌词链接--

Atmosphere

http://bbs.comic.cn/read.php?tid=111537

专辑booklet链接--

>>>Luster

http://photo.163.com/openalbum.php?username=helen61524&_dir=%2F27382041
>>>Atmosphere
http://photo.163.com/openalbum.php?username=helen61524&_dir=%2F27379233

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

1.きまぐれな日曜日
うた:斎賀みつき
(Luster專輯)
作詞·作曲/Yukana
編曲/広瀨充寿

朝寝坊(あさねぼう)も
たまにいいじゃん
今日は日曜日(にちようび)だし

時計(とけい)なんて 裏(うら)返(かえ)して
掛(か)け布団(ぶとん) 引(ひ)き寄(よ)せて

調子(ちょうし)に乗(の)って寝過(ねす)ぎたら アタマ痛(いた)いけど

まぶた とろとろ日曜日(にちようび) 幸(しあわ)せな日曜日(にちようび)
風(かぜ)が びゅうびゅう日曜日 負(ま)けないぜ日曜日(にちようび)


早起(はやお)きしてやってみよう 今日は日曜日(にちようび)だし
ドライバーも構(かま)えちゃって これぞ日曜(にちよう)大工(だいく)

はりきって挑(いど)んだ棚(たな)は ネジを止(と)めるだけ!?

太陽(たいよう) ぎらぎら日曜日(にちようび) ゴキゲンな日曜日(にちようび)
雨(あめ)が ぼとぼと日曜日(にちようび) きまぐれな日曜日(にちようび)

<大好き~~超愛這段話說...///>

ダジャレ言(い)ってる オジサンは平和(へいわ)の象徴(しょうちょう)

(笑)<きゃ>///<>

とろとろ びゅうびゅう日曜日(にちようび) 幸(しあわ)せな日曜日(にちようび)
ぎらぎら ぼとぼと日曜日(にちようび) ゴキゲンな日曜日(にちようび)
<感觉这首歌歌词好温柔[虽然没看懂多少||]->被小贺一唱就更加>///<>

2.宝石(ほうせき)

もう行(い)かなくちゃ そう言(い)う君(きみ)を引(ひ)き留(と)められない僕(ぼく)の弱(よわ)さ
風(かぜ)に揺(ゆ)れてる 言葉(ことば)はきっと 君(きみ)に届(とど)かずに消(き)えるでしょう

バイトの帰(かえ)り道(みち)で語(かた)り合(あ)い 君(きみ)と迎(むか)える朝(あさ)も知(し)ったけど

ある日(ひ) 君(きみ)が泣(な)きそうな顔(かお)で「故郷(こきょう)帰(かえ)らなきゃいけない」
それを聞(き)いて僕(ぼく)は 僅(わず)かな日(ひ)を宝物(たからもの)にしようと誓(ちか)った

行(い)けなかったね そう言(い)う場所(ばしょ)が無(な)くなるくらい何処(どこ)でも行(い)った
想(おも)い出(で)という化石(かせき)に 君(きみ)がなっていくのが恐(こわ)かったんだ

小(ちい)さなバッグ持(も)って君(きみ)が今(いま) 故郷(こきょう)に向(む)かうゲートに消(き)える

二度(にど)と二度(にど)と 振(ふ)り返(かえ)らないのは 君(きみ)の最後(さいご)の優(やさ)しさで
僕(ぼく)と君(きみ)の短(みじか)い物語(ものがたり) 夢(ゆめ)のままで今(いま)終(お)わった

忘(わす)れていくことを大人(おとな)と言(い)うならば
このままなりたくない ずっと忘(わす)れない

僕(ぼく)と君(きみ)が確(たし)かに生(い)きた日々(ひび) 何(なに)もそれに代(か)わらないよ
だから僕(ぼく)の胸(むね)であの日(ひ)は 色褪(いろあ)せないまま光(ひか)る宝石(ほうせき)

二度(にど)と二度(にど)と振(ふ)り返(かえ)らないのは君(きみ)の最後(さいご)の優(やさ)しさで
僕(ぼく)と君(きみ)の短(みじか)い物語(ものがたり) 夢(ゆめ)のままで今(いま)終(お)わった


[罗马音]

男声女優の王道歌 宝石
アニメ店長後補生 B FULL vocal
歌:斎賀 みつき、小林 沙苗、朴 璐美、皆川 純子

もう行かなくちゃ
mo u i ka na ku qya
そう言う君を
so u i u ki mi wo
引き止められない僕の弱さ
hi ki to me ra re na i bo ku no yo wa sa

風に揺れてる
ka ze ni yu re teru
言葉はきっと
ko to ba wa kitto
君に届かずに消えるでしょう
ki mi ni to do ka zu ni ki e ru de syo u

バイトの帰り道で語り合い
ba i to no ka e ri mi chi d ka ta ri a i
君と迎える朝も知ったけど
ki mi to mu ka e ru a sa mo shitta ke do
ある日君が泣きそうな顔で
a ru hi ki mi ga na ki so una ka o de
故郷に帰らなきゃいけない
ko kyo u ni ka e ra na kya i ke na i
それを聞いて 僕は僅かな日を
so re wo ki ite bo ku wa wa zu ka na hi wo
宝物にしようと誓った
ta ka ra mo no ni shi you to chi katta

行けなかったね
i ke na katta ne
そう言う場所が
so u i u ba syo u ga
失くなるくらい何処でも行った
na ku na ru ku ra i do ko de mo itta
思い出という
o mo i de to i u
化石に君が
ka se ki ni ki mi ga
なっていくのが怖かったんだ
natte i ku no ga ko wa katta h da

小さなバック持って君が今
chi i sa na bakku motte ki mi ga i ma
故郷に向かうゲートに消える
ko kyo u ni mu ka u ge-to ni ki e ru
二度と二度と振り返らないのは
ni do to ni do to fu ri ka e ra na i no wa
君の最後のやさしさで
ki mi no sa i go no ya sa shi sa de
僕と君の短い物語
bo ku to ki mi no mi chi ka i mo no ka da ri
夢のままで今終わった
yu me no ma ma de i ma o watta

忘れていくことを
wa su re te i ku ko to wo
大人というならば
o do na to i u na ra ba
このままなりたくない
ko no ma ma na ri ta ku na i
ずっと 忘れない
zutto wa su re na i

僕と君が確かにいきた日々
bo ku to ki mi ga ta shi ka ni i ki ta hi bi
何もそれに代わらないよ
na ni mo so re ni ka wa ra na i yo
だから僕の胸であの日は
da ka ra bo ku no mune de a no hu wa
色あせないまま光る宝石
i ro a se na i ma ma hi ka ru ho u se ki

二度と二度と振り返らないのは
ni do to ni do to fu ri ka e ra na i no wa
君の最後のやさしさで
ki mi no sa i go no ya sa shi sa de
僕と君の短い物語
bo ku to ki mi no mi chi ka i mo no ka da ri
夢のままで今終わった
yu me no ma ma de i ma o watta

3.青空のプレゼント

歌:斎賀 みつき、小林 沙苗、朴 璐美、皆川 純子

雨(あめ)が止(や)んで雲(くも)の隙間(すきま) 美(うつく)しい青空(あおぞら)が顔(かお)を出(だ)す
いつもよりもキレイな空(そら) 見(み)つけた僕(ぼく)は今(いま)微笑(ほほえ)んでる

涙(なみだ)が枯(か)れたら 光(ひかり)が射(さ)すのさ
止(や)まない雨(あめ)など無(な)いと信(しん)じ 走(はし)り出(だ)そう

晴(は)れわたる空(そら) この雲(くも)の向(む)こうできっと 待(ま)っているから
上手(うま)くいかない事(こと)ばっかりでもいいじゃない 明日(あした)はきっと
今日(きょう)の涙(なみだ)も笑(わら)えるさ

傷(きず)つくのは怖(こわ)いけれど 立(た)ち止(と)まらずに僕(ぼく)は行(い)かなくちゃ
過去(かこ)じゃなくて今(いま)を見(み)よう 少(すこ)しでも前(まえ)へと進(すす)むために

見(み)たくない事(こと)は たくさんあるけど
恐(おそ)れちゃいけない だから今(いま)すぐ 駆(か)け出(だ)そう

君(きみ)の近(ちか)くに居(い)るだけで強(つよ)くなれると 気(き)がついたのさ
不安(ふあん)なことも君(きみ)の笑顔(えがお)に出逢(であ)えたら 飛(と)んでいくから
だから僕(ぼく)はもう逃(に)げないよ

道(みち)を歩(ある)いてて 何(なに)かにつまずき
くじけそうになって 涙(なみだ)流(なが)しても
君(きみ)を見(み)つめてて 幸(しあわ)せな僕(ぼく)は
君(きみ)を想(おも)うことをやめない

晴(は)れわたる空(そら) この雲(くも)の向(む)こうできっと 待(ま)っているから
上手(うま)くいかないことばっかりでもいいじゃない 明日(あした)はきっと…

君(きみ)の近(ちか)くに居(い)るだけで強(つよ)くなれると 気(き)がついたのさ
不安(ふあん)なことも君(きみ)の笑顔(えがお)に出逢(であ)えたら 飛(と)んでいくから
だから僕(ぼく)はもう逃(に)げないよ


[罗马音]


ame ga yande kumo no sukima utsukushii aozora
itsumo yorimo kireina sora mitsuketa boku wa ima hohoenderu

namida ga karetara hikari ga sasunosa
yama nai ame nado nai to shinji hashiri dasou

harewataru sora kono kumo no mukou de kitto matte iru kara
umaku ika nai koto bakkari demo ii jya nai ashita wa kitto
kyou no namida mo waraerusa

kizu tsukuno wa kowai keredo tachi tomarazu ni boku wa ika nakuchya
kako jya nakute ima wo miyou sukoshi demo mae he to susumu tame ni

mitaku nai koto wa takusan aru kedo
osore chyaike nai dakara ima sugu kake dasou

kimi no chikaku ni iru dake de tsuyoku nareru to ki ga tsuita nosa
fuanna koto mo kimi no egao ni deae tara tondeiku kara
dakara boku wa mou nige nai yo

michi wo aruitete nanika ni tsumazuki
kujike sou ni natte namida nagashi temo
kimi wo mitsumetete shiawasena boku wa
kimi wo omou koto wo yame nai

harewataru sora kono kumo no mukou de kitto matte iru kara
umaku ika nai koto bakkaru demo ii jya nai ashita wa kitto...

kimi no chikaku ni iru dake de tsuyoku nareru to ki ga tsuita nosa
fuanna koto mo kimi no egao ni deae tara tone de iku kara
dakara boku wa mou nige nai yo

4.Graduation

ー斎賀みつき(Luster)

はじめて声(こえ)を聞(き)いた日(ひ)を 思(おも)い出(だ)してた
君(きみ)の 横顔(よこがお)の髮(かみ)を揺(ゆ)らして 過(す)ぎてく風(かぜ)が
ぼくらに 言葉(ことば)もなく告(つ)げた

ほほえんで じゃれあった 無邪気(むじゃき)な時間(じかん)の終(お)わりを
でも今(いま)だけ あと少(すこ)しだけ
このまま...


強(つよ)がりなら 誰(だれ)より得意(とくい)な君(きみ)だから
どうか 星(ほし)もにじむ長(なが)い夜(よる)に そうなときは
瞳(ひとみ)を閉(と)じてみてよ ぼくは

そばにいる いつだって 広(ひろ)すぎる空(そら)も越(こ)えるよ
見(み)えなくても ぬくもりならば
ほら 胸(むね)のなか 確(たし)かにある

※それぞれに描(えが)いてく 輝(かがや)く地図(ちず)の その場所(ばしょ)で
また逢(あ)おうね ああ その日まで
I say Good bye

あしたから歩きだす 見知(みし)らぬ日々(ひび)の向(む)こう側(がわ)へ
だけど これは さよならじゃない
どんなに遠(とお)く離(はな)れようとも

※Repeat

君(きみ)に ああ その日まで
I say Good bye

 

5.放課後ハイド&シーク

(原田 千絵&瀬能 あおい)
HiME角色歌第二弹的收录曲之一~也是很喜欢的一首歌,好元气说!
放課後ハイド&シーク
[舞-HiME 初恋方程式 第2楽章]

作詞:畑亜貴
作曲:宮島律子
編曲:百石元
歌:瀬能あおい(新谷良子)・原田千絵(斎賀みつき)

ウワサがウワサでいいんじゃない
面白そうならもっと話しちゃえよ
放課後まいにちラブネタ探そうよ
見て見て!?
見た見た!! 事件だね

カラオケもケーキさえも(ショッピングも!)
断るなんてヘンだよどーした?
ステキな人とこっそり(ないしょでChuッ)
デートしてるの?
あいつやるね らっきーらっきー☆

他人事(ひとごと)秘め事 でも気になり過ぎちゃう
いいな「お先にしつれい」やりたいやりたい!

バイトでバイトのだれかさん
終わったあとならちょっと自由になって
誰にも言えないアレコレしてないか?
どれどれ!?
ばかばか!! まだ早いっ

メールの返事すぐにね(5分で!)
退屈はやだ なんかしようよ
かわいいものがある店(あのねあのね知ってた?)
そうだ今日行こう
決めた買うよ はっぴーはっぴー☆

乗ってけ寄ってけ ウツなら発散しなきゃ
たぶん「どうにかなるさ」で遊ぼう遊ぼう!

他人事(ひとごと)秘め事 でも気になり過ぎちゃう
いいな「お先にしつれい」?くバイバイバイ!

6. HIGHER(Robert角色歌)
这个BK大家应该都有吧...我传在相册了:
http://photo.163.com/openalbum.php?username=helen61524&_dir=%2F27420530
HIGHER
[うえきの法則 AR]
作詞:kenko-p
作曲:藤末樹
歌:斎賀みつき

もしも理想が現実ならば
そんな儚いのぞみ抱えて
誰もがみな苦しみ、哀しみを
ユメヤキボウで隠した

キリのないため息ばかりで
茨の道 選び歩くの?
本当は何処にいきたいの?

I WILL TAKE YOU HIGH, SO TAKE YOU HIGH
知らない何処か
あなたのすべて連れてゆくよ
fade away...こんな苦しみは
最後にして
I WILL TAKE YOU HIGH, SO TAKE YOU HIGH
夢の向うへ
痛みなど感じない世界
きっとこころのどこかで
それを望んでる

ゆめのしゃぼんに包まれながら
遙か彼方へ空より高く
ここにある現実逃げ出せば
握るその手を放せば

しかたないあきらめ重ねて
誰のために闘うのでしょう
本当は何になりたいの?

I WILL TAKE YOU HIGH, SO TAKE YOU HIGH
果てしない場所
あなたはきっと満たされてく
melt away...しゃぼんのなかで
夢をどうぞ
I WILL TAKE YOU HIGH, SO TAKE YOU HIGH
明日より遠く
涙など流れない世界
きっとこころのどこかで
それを望んでる

I WILL TAKE YOU HIGH, SO TAKE YOU HIGH
知らない何処か
あなたのすべて連れてゆくよ
fade away...こんな苦しみは
最後にして
I WILL TAKE YOU HIGH, SO TAKE YOU HIGH
夢の向うへ
痛みなど感じない世界
きっとこころのどこかで
それを望んでる

7.核-Core

(Makubex-斎賀みつき)
Truth
君はまだ なんにも 知らないね Ah
Truth
世界には 意味など 無い事を

僕らは 幻なのさ
水のパズル
証明してみせようか?
君を消そう

Truth
僕だけが 見つける その意味を Ah
Truth
そのために すべてを 消さなくちや

痛みを 感じてるのは
何処だろうね
カタチが あると分からない
なにひとつ

Passin’away
心も
Passin’away


滅びの 光を 撒こう
時の
証明してみせようか?
僕を消そう

8.Reverse
[ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて ザ・うたのヒットぱれーどムギ! 09]
歌:伊達京介(斎賀みつき)
作詞:高木隆次
作曲:高木隆次
編曲:高木隆次

2012年の東京は
音速なニヒリズムに溢れて
完全の暴走が
血も涙も廃墟と化していった

2002年の夜 僕等は
全てをその未来に誓って
抱きしめた 胸の中
涙つたう 今日と同じ様に

世界を止める愛である事
時の渦に呑まれていても
光がいつも君である事
信じたいさ
何もかもが永遠に眠っても

錆びついた街は湿度に共鳴
戯曲化したパルスによる制御
終わりは繰り返す
絶え間なく降り続く雨の様に

2022年の二人は
君の瞳だけに映った
幻想の楽園と
青い空を目指して旅立った

世界を止める愛である事
時の渦に呑まれていても
光がいつも君である事
信じたいさ
何もかもが永遠に眠っても

世界を止める愛である事
時の渦に呑まれていても
光がいつも君である事
信じたいさ
何もかもが永遠に眠っても


9.ASK

 

作詞:相田毅 作/編曲:西岡和哉
唄:斎賀みさき

抱(だ)きしめ合(あ)うから 嘘(うそ)が生(う)まれる
僕(ぼく)に 尋(たず)ねてごらん

照(て)れくさい 反抗(はんこう)心(しん)は
生(い)きる 糧(かて)になるさ
よどみなく 蒼(あおい)い夢(ゆめ)が
君(きみ)を 導(みちび)く空(そら)へ

すべての真実(しんじつ)を撃(う)て  僕(ぼく)らには
相応(ふさわ)しいピリオドが
回転(かいてん)扉の 向(む)こう側(がわ)なら
二人(ふたり) 生(い)きていける

傷(きず)つけ合(あ)うから 愛(あい)が生(う)まれる
憎(にく)しみ合(あ)うから 夢(ゆめ)が生(う)まれる
微笑(ほほえ)みあうから 毒(どく)が生(う)まれる
その理由(わけ)を 尋(たず)ねてごらん
誰(だれ)も知(し)らない 何(なに)も言(い)わない

未来(みらい)への 希望(きぼう)と過去(かこ)の
欲望(よくぼう)を 集(あつ)めただけ
価値(かち)のない コレク ションさ
僕(ぼく)を 笑(わら)うがいいよ

フィルムが終(お) わるのをただ
見(み)つめてた 感情(かんじょう)失(うしな)って
散乱(さんらん)した花(はな)が 雨(あめ)にうたれ
舗道(ほどう)を流(なが)れてく

抱(だ)きしめ合(あ)うから 嘘(うそ)が生(う)まれる
戸惑(とまどう)い合(あ)うから 明日(あす)が生(う)まれる
分(わ)かり合(あ)うから 痛(いた)みが生(う)まれる
その理由(わけ)を 尋(たず)ねてごらん
君(きみ)は知(し)らない 僕(ぼく)も知(し)らない

傷(きず)つけ合(あ)うから 愛(あい)が生(う)まれる
憎(にく)しみ合(あ)うから 夢(ゆめ)が生(う)まれる
微笑(ほほえ)みあうから 毒(どく)が生(う)まれる
その理由(わけ)を 尋(たず)ねてごらん

抱(だ)きしめ合(あ)うから 嘘(うそ)が生(う)まれる
戸惑(とまどう)い合(あ)うから 明日(あす)が生(う)まれる
分(わ)かり合(あ)うから 痛(いた)みが生(う)まれる
その理由(わけ)を 尋(たず)ねてごらん
君(きみ)は知(し)らない 僕(ぼく)も知(し)らない

 

10.終わらない冒険
[今日からマ王! IM]

歌:ヴォルフラム(斎賀みつき)
作詞:只野菜摘
作曲:西岡和哉
編曲:西岡和哉

きみの唇、未来を語るとき
声は、宝石の色を映しだす

白い馬から降りる騎士のように
僕は誓う 護りぬくこと
ずっとそばにいるべきなんだ

そうさ もっと いい言葉があれば
ぎゅっと 感動 させるのにな

憧れは 青空を すべりゆく船
夢をみる 燃える頬も、
髪を 輝いている

西風にふくらんだ 白い帆あげて
終わらない冒険へ
二人で 旅してみたいんだ

きみに惹かれて集まる運命が
声をあわせて響けば、歌になる

息もころさず さらなる高みへと
きみとともに 走り出すのさ
まだ知らないもの 見せるんだ

迷路 なんて 越えてしまおう
笑いあって 解いた 扉、あけて

横たわる やわらかな 草の絨毯
きみのため埋めつくそう
よつ葉の甘い匂い

気まぐれな幸運も ひざまずくだろう
終わらない冒険へ
嵐が、壊しに来ようとも

憧れは 青空を すべりゆく船
夢をみる 燃える頬も、髪も、輝いている

西風にふくらんだ 白い帆あげて
終わらない冒険へ
二人で 旅してみたいんだ

11.太陽をみつめている
(MS也打成 太陽を見つめている)
[今日からマ王! IM]

歌:ヴォルフラム(斎賀みつき)
作詞:只野菜摘
作曲:西岡和哉
編曲:西岡和哉

東の国から あらわれた光
邪悪な光は 灰になるという

命をかけても、忠誠を贈る
僕にふさわしい 王と呼べるきみ

嘘も罪も 照らしだし、
許してしまう 大いなる知恵

太陽に捧げる歌
太陽に尽くせる愛
太陽に出会えた歓び
夜のむこうへ

太陽が歩み道を
まっすぐに進めるなら
この身も投げだせるだろう
まぶしい微笑み

楽園に実る 黄金の林檎
陽射をあつめた味がするけれど

誰もかわりには なれやしないから
星座も朝には 席を明けわたす

きみが遠く、いる時は
僕が見まもる 暗闇の空

太陽を追いかけてる
翼はおもいつめて
溶かされ 燃えつきてもいい
伝説のように

太陽をみつめている
太陽を感じている
太陽の恵みは金色
気高い勲章

太陽に捧げる歌
太陽に尽くせる愛
太陽に出会えた歓び
夜のむこうへ

太陽が歩み道を
まっすぐに進めるなら
この身も投げだせるだろう
まぶしい微笑み

 

Special THX:
今日からマ王!キャラクターソングシリーズvol.3 フォンビーレフェルト卿 ヴォルフラム(斎賀みつき)(BOOKLET)
http://photo.163.com/openalbum.php?username=helen61524&_dir=%2F27828385

 

12.SUNSHINE

もしも その目に映(うつ)った 
未来が雲りかけたら
いつか温(あたた)めためた
果(は)てない夢 
もう一度その胸(むね)に 抱(だ)いて

走(はし)れ 光に向(む)かって 
心に描(えが)いたように
沸(わ)き立(だ)つ希望が かすむ前に 不安や諦(あきら)めの渦巻(うずま)く迷路(めいろ)をめけて

*Sunshine 君が望(のぞ)めば Sunshine ふりそそぐから
強い 強い 信じることさ
Good day 夜(よる)を越(こ)えたら Good day きっとその手に
高く 高く つづく道(みち)は Only One

もしも あの日の誓(ちか)いを 裏切(うらき)る自分がいたら
心の刃(やいば)を 自分に向(む)け 泣(な)き言(こと)と嘆(なげ)きと 言い沢(わけ)の退路(たいろ)を断(た)て

#Sunshine 君に勇気を Sunshine 贈(おく)りつづける
熱く 熱く 讃(たた)えるように
Good day 広がる空と Good day 重(かさ)なるように
蒼く 蒼く のびる夢は Only One

Repeat *#

 

13.Dearest
作詞/松崎樹梨 作·編曲/setzer
歌/藤井充流(佐藤まこと-斎賀みつき)

君(きみ)と出逢(であ)った朝(あさ)の
抜(ぬ)けるような空(そら)
忘(わす)れず覚(おぼ)えている

あの時(とき)から僕(ぼく)は
瞬(またた)きもせずに
君(きみ)だけを見(み)つめている

もしも君のまぶしい笑顔(えがお)を
曇(くもり)らせてしまうくらいならば
この想(おも)い君は知(し)らないままでいい
明(あ)けない夜(よる)はないとまだ信(しん)じているから

叶(かな)わなくても
君の傍(そば)にいられるなら
それだけでいいよ
そう何(なに)よりもかけがえのない
You're my only shinin'star
たとえ想いが届(とど)かなくても

強(つよ)がり傷(きず)ついて
眠(ねむ)れない夜は
君に支(ささ)えられていた

僕の肩(かた)を抱(だ)く君の腕(うで)の
暖(あたた)かな温(ぬく)もりが愛(いと)しい

あとどれくらいの想いが溢(あふ)れたら
僕の気持(きも)ちは君に伝(つた)えられるでしょうか

気(き)づかなくても
君が隣(となり)にいるのなら
それだけでいいよ
失(うしな)うことは決(けっ)して出来(でき)ない
You're my only destiny
泣(な)きたいくらい切(せつ)ないけれど

僕の願(ねがい)いは
君が笑顔でいてくれること
それだけがすべて
君さえいれば何もいらない
You're my only shinin'star
たとえ想いが届かなくても

 

14.少年よ、信じるなかまよ
[鋼の錬金術師 HAGAREN SONG FILE -ROY MUSTANG-]

歌:大川 透(ロイ・マスタング)
Background Chorus:
斎賀みつき(マリア・ロス)、藤原啓治(マース・ヒューズ)、
志村知幸(ハイマンス・ブレダ)、松本保典(ジャン・ハボック)、
白鳥哲(ケイン・フュリー)、室園丈裕(ヴァトー・ファルマン)、
柴田秀勝(キング・ブラッドレイ)


大切なものたちに 背を向けて(分かってる 祈ってる)
時として 行かねばならぬ日がある(いいんだよ いいんだよ)
男とは哀しい生き物だな(女もそうです)
背中に 消せないオモイ、ひきずって(そうだな そうです)

少年よ、大志をいだけよ
右手に暗闇を 左手に夢を
持っているなら

wowow,My(Roy)
Train in rain
手をふる幻は、
Time goes by(bye)
記憶のあの人か?
叫びはかき消され(強くなれ)
虚しさ、突きぬけ(偉くなれ)
光ある場所へ


わかってほしいとは おもわない(信じてる 慕ってる)
黙ったままいつも そばにいてくれ(ついてく ついていく)
決断とは、自分との闘い(真実、勝利を)
さわるなと言ったろ 火傷するから(そうだな そうだね)

少年よ、大志をいだけよ
からっぽの夜には
心の炎を 抱いて眠れ

wowow,My(Roy)
Train in rain
微笑む幻よ、
Time goes by(bye)
許してくれるのか ?
答えは風の中(風になれ)
誓いを束ねて(花になれ)
戻らない道へ


少年よ、信じるなかまよ
凍りつく夜明けは
心に炎を抱いて進め

wowow,My(Roy)
Train in rain
手をふり走るのは
いつかの(bye)、
わたしの幻か?
あれから遠くまで(強くなれ)
来てしまったけど(偉くなれ)
今を生きていく

 

15.FINELATER
PCゲーム
今日からマ王!~おれさまクエスト~
オープニング曲 「FINELATER」 
(作詞/作曲:ドン.マッコウ 歌:斎賀みつき)

野球(やきゅう)行(い)くなら今日(きょう)がサイコー
テレビで見(み)てもオールライフ
何(なに)をするにも隣(となり)に 
君(きみ)がいなけりゃCloudySky
Oh Yeah!

あわてん坊(ぼう)のエブリデイ
気(き)がつけばアニバーサリー
胸(むね)に抱(かか)えた花束(はなたば)
雨(あめ)に降(ふ)られてしおれる

こんなにドジな僕(ぼく)も
気持(きも)ちは秋(あき)の青(あお)い空(そら)

どこまでも昇(のぼ)ってく
雲(くも)を追(お)い抜(ぬ)き
やがて宇宙(ソラ)の果(は)てで
町(まち)を見下(みお)ろす
部屋(へや)の明(あ)かりを3回(かい)ともしたら
I LOVE YOUのサインだと思(おも)ってるよ

すれ違(ちが)いの伝言(でんごん)
自転車(じてんしゃ)こいで猛(もう)ダッシュ
待(ま)ち合(あ)わせの東口(ひがしぐち)
階段(かいだん)でつまづいてる

何(なん)だか不甲斐(ふかい)なくて
言(い)い訳(やく)カッコ悪(わる)いよね

遅刻(ちこく)の埋(う)め合わせに
ケーキなんてどう?
貴重(きちょう)な休日(きゅじつ)に
笑顔(えがお)取(と)り戻(もど)そう
考(かんが)えてきたジョークを聞(き)かせて
明(あか)るいオーラで君を包(つつ)みたい僕さ

予報(よほう)なんて僕には出来(でき)ないけれど
少しずつ快晴(かいせい)に向(む)かってるね

<Repeat>
どこまでも昇ってく雲を追い抜き
やがて宇宙(ソラ)の果てで
町を見下(みお)ろす
部屋の明かりを3回ともしたら
I LOVE YOUのサインだと思ってるよ

  评论这张
 
阅读(138)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017